8/28朝日新聞朝刊 「声」(読者投稿欄)より

8/28付朝日新聞朝刊

「声」(読者投稿欄)での2つの投稿を読んで、感じる所がありましたので載せました。
私の見解は、漠然としてしまってまとまりが無いので書きません…

もし、感じる所がありましたら、是非コメントをお寄せ下さい。

(引用)

原発0% 今決めなくてもよい

(72歳 無職 男性)

 2030年の原発比率をどうするかについて討論型世論調査が行われた。結果は原発比率0%を選ぶ人が最も多く、46.7%となった。

 この結果を見ると、世論の大多数は、30年において原発0%を望んでいるような錯覚にとらわれるのではないだろうか。しかしながら、原発0%を望んだ人が47%ということは、50%を超える過半数の人が、原発0%には賛成できない、あるいは心配だ、あるいは判断できないと言っているのである。政府にはこの事実をしっかり認識して、間違いのない判断をしてもらいたい。

 私個人の意見としては、30年、原発0%は賛成できない。なぜなら、今から18年も先の世界がどうなっているかは誰にもわからないからだ。今の段階で先々の原発比率を0%とはっきり決めてエネルギーの選択肢を狭めることは良くない政策だ。

 現実的な判断としては、30年の比率を15%程度まで下げて、その先をどうするかはその時の国際情勢やエネルギー事情を勘案して決めるのが良いと思う。

戦争のない世界 僕たち築くよ

(11歳 小学生 男の子)

 先日、ジャーナリストの山本美香さんが、シリアの紛争で銃撃によって亡くなりました。

 僕は、女性である山本さんがなぜそんな危険な場所に行ったのか、不思議でなりませんでした。

 でも、新聞や本を読んで、彼女が伝えようとしてたことが分かりました。それは、紛争地の苦しみは、「遠い国の出来事」ではなく、日本に住む僕たちも考えなきゃいけないことだからです。

 山本さんは、紛争の現場で何が起きているかを伝えることで世界が少しでもよくなればいいと思い、報道することで社会を変えることが出来るということを信じ、報道してきたのだと思います。

 僕は、この記事を読み、戦争のない世界を、今を生きる僕たちが築いていけたらいいと思います。

(朝日新聞 8/28)

スポンサーリンク

日本維新の会」 「大阪維新の会
・幼児教育から大学(私学を含む)まで、口だけじゃない本気の「教育無償化
・将来、不安な年金を、公平で確実にもらえる「積立式の年金」に転換
・少子高齢化に対応し、地域の創意工夫でさらに持続発展できる社会をつくる
・何でも反対だけの無責任野党ではない「提案型責任政党」。しがらみだらけの自民党には出来ない改革を法案にして提出【身を切る改革、維新だからできる。100本法案

【他党が賛同せずとも、公約通り、身を切る改革を実施】
※維新の全国会議員は、歳費の20%を被災地に寄付しています(合計年間約5000万円)
衆院選後は、他党が賛同しなくても、公約通り30%削減(寄付)必ずやります!
【しがらみは排除!】企業団体献金も一切受けていません
「維新」がこれまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事を拡げて頂けると嬉しいです

フォローする

コメント

  1. nyans より:

    >福島県は昨年10月、震災時に0~18歳だった県民約36万人を対象に超音波検査を始めた。今年3月末までに受診した3万8114人のうち35.8%にあたる1万3646人で結節(しこり)やのう胞(液体がたまった袋状のもの)が見つかり、186人が2次検査の対象となった。がんが判明したケースはない。

    この記事を読んでも尚今決めなくても良いのかどうか。熱く語る気は全くありませんけど結果が判るまで果たして何年待つ事になるのか?
    人口減少をふまえ地熱と水力+火力で値上げする事なくやって行けると思っています。法整備と三菱の技術が必要です。
    ただ今後は米国がシェールガスを売りつけてくるはずなのでいずれにせよ原発は消滅せざるを得ないと読んでます。

  2. 先憂市民 より:

    nyansさん
    コメントありがとうございます。

    > ただ今後は米国がシェールガスを売りつけてくるはずなのでいずれにせよ原発は消滅せざるを得ないと読んでます。
    それに対抗して、ロシアも日本にパイプラインを作って、天然ガスを売りたいみたいですね。
    いずれにせよ、ガス価格は安くなるでしょうから、nyansさんの言う通りになるでしょうね。

    原子力ムラの人たちも、それが分かっているから激しく抵抗するのでしょう。
    今すぐ原発を止めたとしても、日本のすべての使用済み核燃料の処理は、100年スパンの作業でしょう。
    ムラで生きて行きたい方は、早くそちらでの道を探して頂けたらと思います。

    あと、原発立地自治体は廃炉になって、仕事・補助金が無くなるとやっていけないと訴えますが、
    それなら、率先して最終処分場を受け入れれば、相当の期間、仕事・補助金にありつけると思うのですがね…

トップへ戻る