【必読】橋下市長に“手柄”与えたくない野党…「大計」に政争は無用だ!(&上山信一氏ツイート)

記事をシェアして頂けると嬉しいです

産経、ありがたいですね!
ちゃんと見てくれています。

橋下市長に“手柄”与えたくない野党…「大計」に政争は無用だ 地下鉄民営化(産経新聞)

(一部引用)
(中略)
 橋下市長への対決姿勢を鮮明にする公明、自民、民主系だが、地下鉄民営化そのものには反対していない。それでもブレーキをかけている現在の状況からは、来春の統一地方選を前に、橋下市長に“手柄”を与えたくないという思惑が見え隠れする。

 だがそんな時間はあるのだろうか・・・(引用終わり)

産経だけ頑張っているように見えますが、本来、これが「普通の」メディアの姿勢だと思うのですが・・・

この記事に関する、大阪府・市特別顧問の上山信一氏(慶應大学教授)のツイート:https://twitter.com/ShinichiUeyama

(引用)
大阪市営地下鉄の民営化はもともと9年前に私が市政改革推進会議の議長として当時の関市長に提唱。その後、民営化推進委員会まで作って詳細を詰め、自民と公明が原則賛成していた案件。

それを維新時代になってからアンチ橋下を理由に拒否し続ける公明&自民の罪は重い。民営化を見越して初乗りを200円から180円に下げたにもかかわらず、公明&自民のせいでまた値上げになる。自分たちのことしか考えない野党の醜い姿に対して、来春、市民の厳しい審判が下されるだろう。(引用終わり)

関連
【大阪市改革が進まない本当の理由】上山信一氏連続ツイートまとめ
10/15 橋下市長 退庁時ぶら下がり会見「客引き禁止条例、地下鉄民営化などについて」
大阪市会 橋下市長提案議案、議論もせずに次々に「否決」

 

「維新」「借金減らし増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
・特別養護老人ホームの整備促進・入居枠大幅拡大
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

トップへ戻る