公明党執行部「住民投票の日程(5/17)は、公党間の合意で動かせない」

記事をシェアして頂けると嬉しいです

朝日の取材ですから、100%信用出来ませんが・・・^_^;

(朝日新聞より引用)
公明執行部、「動かせぬ」5月の大阪都構想の住民投票

 公明党大阪府本部(代表・佐藤茂樹衆院議員)は28日、大阪市の府本部で会合を開き、執行部が大阪都構想の是非を問う住民投票を来年5月17日に行う方針を報告した。集まった地方議員から反発の声が上がったが、最終的には執行部方針通り了承される見通しだ。

 会合には都構想案を審議する大阪府・市両議会の議員らが参加した。大阪維新の会(代表・橋下徹大阪市長)の提案を受け、来年2月に開会する府・市両議会で都構想案を可決し、5月に住民投票を実施する方針が示されたという。

 代表の佐藤氏が「住民投票の実施まではきちんと協力する」と説明すると、集まった地方議員は「議論が拙速だ」「素晴らしい案だから住民に諮る、というのが本来の姿」と反発。「自民党支持者との友好関係が崩れてしまった」「ポスターを外された」など、来年4月の統一地方選への影響を懸念する声も上がった。

 これに対し、佐藤氏ら執行部は「住民投票の日程は公党間の合意で動かせない」と言及。最終的には、府・市両議会の議員が議論したうえで、決着を目指す方針で落ち着いたという。

 会合後、佐藤氏は記者団に「都構想に全面的に協力するのではない」と強調。10月の府・市両議会では都構想案に反対しており、「基本的なスタンスは変えていない」と語った。

 維新は住民投票と統一選の同日実施を提案していたが、公明党側が反対。今月27日の幹部会談で、統一選の後半戦(4月26日)を避け、5月17日に実施することで折り合った。(引用終わり)

9/26に行われた法定協議会
橋下市長「他会派から修正意見があった場合、それが合理的なものであれば、すべて受け入れる」

火種は、くすぶっています。
まだまだ、何が起こるかわかりませんね。

関連
(大阪都構想)「5月17日に住民投票…大阪維新と公明合意」
12/26 橋下大阪市長 定例記者会見 動画(フルバージョン)
橋下徹大阪市長×若者×白熱教室 12/20「OsakaLeadersSummit」
自民党大阪府連の「大阪都構想に反論するHP」が面白すぎる件

 

「維新」「借金減らし増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
・特別養護老人ホームの整備促進・入居枠大幅拡大
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

トップへ戻る