【都構想・住民投票】反対派・野党各党が示している「対案」とは・・・?

記事をシェアして頂けると嬉しいです

「都構想はいらない」とする野党(自公民共)。
でも、今の状態に問題意識は持っているようです。

都構想に反対する根拠として、以下の様な「対案」で改善できるとしています。

(参考)「大阪都構想は不要」野党が対案…調整会議・総合区を軸に(読売新聞)

府市の二重行政の解消は?
(自民党)府と大阪、堺両市による「大阪戦略調整会議」を設ける。
(公明党)府と43市町村が連携する「メガOSAKA」。
(民主党)府の権限・財源を市に移す方向がより現実的。
(共産党)特になし。

住民自治の拡充は?
(自民党)24区のうち11区を総合区にする「イレブン・プラン」。
(公明党)総合区の導入(詳細は以下の動画で)。
(民主党)市内24区すべてを総合区に。
(共産党)特になし。

※上記対案について、各党HPを見ましたが、残念ながら、公式のドキュメントはありませんでした。

素朴な疑問・・・
・市長と総合区長の意見が対立した場合、結局市長の意見が優先?
・総合区の名前は?住所はどうなるの?区割りの根拠は?
・・・いくらでも出てきますね(^_^;)

5/17、都構想が否決されると、維新以外の上記4党が、改善に動き出すことになります。

4党の考え・・・
私は、とてもまとまるとは思いませんね・・・
仮にまとまったとしても、この程度のもので、総務省に認めてもらえるか・・・?

都構想が否決された後の大阪・・・
未来が見通せますか?

分からないから反対」だと、この4党の考えに未来を託すことになります。
両方の意見を聞いて、よく見比べて投票して下さい!

 

「維新」「借金減らし増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
・特別養護老人ホームの整備促進・入居枠大幅拡大
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

トップへ戻る