【知ってましたか?】もし「大阪市」のままなら・・・毎年212億円もの税金不足が発生

都構想が否決されれば、橋下市長・維新は市役所・市議会からやがていなくなります。
反対派(自公民共)は、これまでの橋下市政改革に徹底的に反対してきました。

もし、「大阪市」を残して、反対派が望む以前の「大阪市」に戻ったら・・・
大阪市の財政は、どうなるでしょうか?

大雑把ですが、計算してみました。

敬老パス再無料化 → 約37.6億円必要(さらに年々増加)

高齢世帯上下水道、料金減免 → 約40億円(さらに年々増加)

国民健康保険料限度額引き下げ措置 → 約10.7億円

見直された補助金復活  → 約12億円
(地域振興会・社会福祉協議会等の補助率引き上げ等)

赤バス復活 → 約10.7億円

温水プール・スポーツセンター再編せず → 約12.8億円(さらに老朽化による改修費30億?)

新婚家庭家賃補助 → 約30.1億円

そして・・・
公務員の人件費を以前の水準に → 約57億円  

まだまだ、他にもあると思いますが・・・

締めて年211億円の不足。

さて、どうするんでしょうね・・・
次世代への借金で賄うのか?
増税をするのか?
それとも、現役世代や教育への投資を絞るのか?

そして、過剰なまでの高齢者優遇政策・・・
これでは現役世代が増えていかない。減っていく。
益々、高齢化率が上がって、市の財政を圧迫するでしょうね・・・

これは反対派が都構想に対して言う「かもしれない」では無いです。
「確実」にこうなります。

これらは、自民党、共産党などの選挙公約・・・
橋下市長以前には、すべて行われていたものです。

忘れてました!
市議会議員の給料を上げるから(月10万)、
さらに、約1億円必要です・・・

分からないから反対は、
毎年212億円の税金不足を選ぶことになります。

橋下さんが「このままでは大阪市は衰退する」と言い切れるのは、予算を通して大阪市の未来が見えているからでしょう。

そして、税金が足りなくなれば、その他の住民サービスは削らなければならなくなります。

都構想の効果は、市役所の推計で17年で2700億円。
反対派でも年1億円。(では効果額はどこに消えるのか?中之島一家が食いつくす?)
【最大の疑問】都構想効果額「賛成派:2700億 反対派:1億」なぜ違う。これを読めば必ず分かります!

どちらにしても、年212億のマイナスよりは、遥かにマシじゃないですか?

P.S.
行政の素人が計算した数字ですので、不備があると思います。
詳しい方、正しい指摘をお願い致しますm(__)m

(追記)
市営地下鉄は民営化を先取りして初乗り運賃を値下げしましたので、都構想否決→民営化せずで、20円+消費税分、必ず値上げされます。

【都構想・住民投票】大阪市民の財布から「920億円」消えていくのは、ご存じですか?

関連
【だまされないで!】大阪市内にあふれる、都構想のデマ・デマ・デマ・・・
(都構想反対派・説明会)ハチャメチャな主張の数々・・・ダイジェスト動画集
【特別区・政令市、どっちがいいの?】「東京23区」と「3大政令市」(大阪・名古屋・横浜)の「発展度」を比較してみた

スポンサーリンク

日本維新の会」 「大阪維新の会
・幼児教育から大学(私学を含む)まで、口だけじゃない本気の「教育無償化
・将来、不安な年金を、公平で確実にもらえる「積立式の年金」に転換
・少子高齢化に対応し、地域の創意工夫でさらに持続発展できる社会をつくる
・何でも反対だけの無責任野党ではない「提案型責任政党」。しがらみだらけの自民党には出来ない改革を法案にして提出【身を切る改革、維新だからできる。100本法案

【他党が賛同せずとも、公約通り、身を切る改革を実施】
※維新の全国会議員は、歳費の20%を被災地に寄付しています(合計年間約5000万円)
衆院選後は、他党が賛同しなくても、公約通り30%削減(寄付)必ずやります!
【しがらみは排除!】企業団体献金も一切受けていません
「維新」がこれまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事を拡げて頂けると嬉しいです

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    3日の中之島まつり柳本市議都構想の演説したみたいですね。それも共産党の支援をたくさん受けて。何日か前の橋下ステーションを思い出しました。さすが自由共産党!

    テレビでは、何の住民サービスが下がるかいえなかったのに、ペラペラデマを言いまくりました。賢明な市民の皆さんそろそろ反対派に騙されないようにしましょう!後住民投票まで二週間、反対派は対案も出さず反対、反対そろそろ息切れでしょう。後半維新は強いです!イライラすることも多いですが、大阪維新の会を信じてがんばりましょう。

  2. こう より:

    ふと思ったのですが、地下鉄が民営化されれば、地下鉄の料金が安くなります。料金が安くなれば、敬老パスの税金の投入額が低くなります。税金の投入額が
    低くなれば、敬老パスを無料化できる可能性が高まります。
    ちなみに、特別区は大選挙区の選挙でしたっけ。だとすると、維新の議員は減って共産党や民主党の議員が増えるはず、共産党は都構想賛成したほうがいいとおもいますね。その方が、維新を潰しやすくなりますよ。
    と、あえて違う角度からコメントしてみました。

  3. 椿 より:

    [太字][色:0000FF]大阪都構想が否決[/色]されれば、【[色:0000FF]年間220億円の赤字?!】[/色]10年間で2200億円の赤字?!
    17年間で3740億円の赤字?!

    コレって“[色:0000FF]酷い[/色]”ですよね?!

    反対に、[色:FF0000]大阪都構想が可決[/色]されれば、【[色:FF0000]年間約159億円の黒字[/色]】で、
    10年間で1590億円の黒字?!
    17年間で2700億円の黒字?!

    上下“[色:FF0000]凄い差[/色]”ですよね?

    可決されれば、2700億円の黒字。
    否決されれば、3740億円の赤字。

    今でさえ、東京都民の3倍近い借金を背負っているのに、
    否決されたあとの大阪市民の【[色:0000FF]借金はうなぎ登り[/色]】では?!

    [下線]これでは子や孫が、大阪で就職するのは不可能…。
    子供や孫達は、ドンドン大阪を捨てて東京へと
    就職に行ってしまうのではないでしょうか[/下線]?

    そうなったら、都会にも拘らず、
    大阪って【[色:0000FF]老人の町[/色]】になってしまいますよね?

    大阪府市民に借金を益々負わせると分かっていても、
    自民・共産党は、自分達の今ある地位やお給料の方が大切らしい…。

    だいたい、ココまで[色:FF0000]借金・既得権益団体を削減[/色]してくれた、
    【[色:FF0000]有言実行派の橋下市長[/色]】を信じずに、

    まだ、【[色:0000FF]大阪を借金地獄[/色]】にさせた張本人
    自民・公明・民主・共産党を信じて
    反対票を投じるなんて、【[色:0000FF]愚か[/色]】にもほどがありますよ!!

    [下線]こういう人達って、一体何を考えてるんでしょうか?!
    次世代の子や孫の事はどうでもいいのかしら[/下線]?![/太字]

  4. プリマ より:

    いつも情報提供いただきありがとうございます。

    橋下市長・維新がいなくなった場合のシミュレーションですが、
    >市議会議員の給料を上げるから(月10万)、
    >さらに、約10.3億円必要です・・・
    年額120万円×86人で、1.03億円ではありませんか?

  5. 先憂市民 より:

    ありがとうございます(汗)

    修正致しましたm(__)m

  6. 仲井 より:

    議院の仕事?と思われる事実の内容を。
    確か、平成の5~6年ごろだったと思うが、日本のある大きな建設会社が倒産した。
    負債総額が数千億円規模で。

    この建設会社の件で京都の地方議員2名と、この建設会社の幹部の者と、或る民間の不動産会社社長、この4名が京都の或る高級料理屋で座敷を共にして席をもって同席し、高級料理を食べそれなりの宴会をやった。
    宴会が行われたのが、この大手建設会社が倒産する約1年ほど前のことだ。
    この会社の倒産を、この不動産業者は国道の新御堂を車で走っているときにラジオのニュースで知った。彼の手にはその建設会社の発行した5000万円の手形を持っていた。明日に現金になるはずであった。
    この4人がそろった宴席で、この民間の不動産業者社長がその宴席の後の3か月後ぐらいにこの高級料亭に支払った額が、
    4名で【116万円】ほど。
    社長がその時のことを私に笑い話のように語っていたが、料亭では無論”ツケ”で帰ってきたんだが、それにしても数か月間料亭から電話もないし一切請求書も来ない、一体どうなってるのかまだ支払ってもいないのにと思っていたら、三か月を越えるころにようやく料亭から請求者が届いた。

    一目で請求金額の数字が見えて、見ると、
    1 1 6 、、、と数字が見えてそう並んでなっていたので、社長は思わず普通に、
    京都の高級料亭もたかが知れてるなあと、4名で行っても、なんだ、わずか11万6千円程か、と、その時一瞬そう思ったそうだ。
    だがきちんと見てちょっとたまげたそうだ。

    【なんだあ?】
    116万円???
    かなりびっくりしたそうだ。
    そこで彼は思ったそうだ。
    俺たちが誘って議員からの指定された料亭の料金がこれだけ高額な金額だと、つまりは日頃こいつら議員は、この店も含めこういうところで、会いたいと言ってきた連中の、その相手が金を持っているだとか、自分と会う目的が相手に利益が来る内容での会合には、わざとこんな高額な料亭でいつも会合をやっているのだろうなあと。
    この連中の薄汚い思惑にまあ一応幻滅したと。

    まあ私に言わせれば不動産屋にしても議員にしてもまあどちらもどちらなんだが、でも議員という立場の者は、そこはやっぱりこういうことはやってはいけないことだろうが!って。
    でもみなさん!、国民市民府民に見えないところでは常にこういうことが裏では行われているのです。

    大阪都構想で反対派はいったい何が嫌で反対をしているかという中にこういう、議員をやっていれば、大阪市がそのまま残れば、大阪市がこれまでやってこれていた大型工事大型整備事業、こういうものすごく多額の予算が一緒についてくる事業、こういう内容に、こいつら議員が、大阪市が残って大阪市の事業が残れば当然として大阪市の議員はこれまで通りこういう口利き、これが残ってできるからだ。

    橋下さんや松井さんはおとなしくこのことを言葉では【口利き】という文言で語っておられるが、口利きイコールいろいろな内容でのキックバックが存在するということです。
    これは誰でもわかっているが、こういう高級料亭での闇の裏での会合なども含まれるし、工事予算の3%がキックバックとしてそれに動いた議員を初め周辺でそれを頼みに選挙活動に動いてくれるおこぼれで財布を開けて待っている連中が議員の周辺でたむろしてぶら下がっているのです。

    大きな整備事業、大きな工事予算、ほぼすべて3%はキックバックのリベートと思っていいほどこれはあの昔行われた湾岸工事などが典型例でおそらく大阪では万博以降の頃からこれが浸透しだしたのでしょう。
    このまま大阪市を残すと、この腐ったその裏でピンハネする仕組みもそのまま残って受け取れる仕組みになってしまう。

    このピンハネピンハネって国民市民はそんなにこのことが国民市民に直接はあまり関係が無いと思っているだろうが、これが実は直接一人一人の国民市民に重くのしかかるのです。
    これがすべて国民市民の税金で賄われるからです。

    大阪市がこれまで作ってきた箱もの等での過去からの莫大なる失敗作の借金が眼に見えて形で出せているものだけでも概要で1兆円を越えようとする額。
    であれば単純に計算しても、1兆円の3%、300億円はほぼ公示とは無関係のところでよからぬ連中の財布の中に財布に入っていると思えます。
    今子供たちへの教育予算をあれだけがんばって橋下さんが組んだ予算が370億円程。
    これだけを予算を積み上げることの凄さを市民はあまりわかっていないようだがこれってものすごいことなんですよ!

    その予算を組むのに、どれだけ頭を巡らせ彼がどのぐらい努力と思案と他に使われていた予算の減額で納得してもらっての、もう本当に限度まで考えあぐねて絞り出した金額、その思いはただただ子供たちに将来をという橋下さんのものすごい子供たちへの熱い思いによるもの。
    その血のにじむような思いでつくってきたこの教育の予算額、
    これとそんなに変わらぬレベルの額が、予算が、上記したようなこんな連中が食い物にして上前をピンハネしてきたのが今までの大阪なんです。
    国民よ!、市民よ!、府民よ!
    そろそろわかるだろうが!って。
    今までどれだけ腐ってきていたかを、

    【5月17日】という日は、私の生存の二度目の【誕生日】にしたい。そんな思いだ。
    そしてそこからは、大阪都の【都民】としてゼロ歳からまた人生を見つめながら生まれ変わって生きていきたい。

    ちなみに、高級料亭で同席した者で、その後今も何事もなかったように生き延びているのはこの議員だけ。
    こいつらが、選挙の時には、
    【改革だ、改革だ、国民にやさしい、老後が安心できる、安心して生活ができる社会を作ります!】と叫んでいる。
    笑ってしまう。

    昨日北区民ホール参加してきた。

  7. 仲井 より:

    前記したような内容はもうものすごく多いことを国民市民の方は【あるだろうなあ】と、ほとんどの方は想像はしていても、実際にどこで誰が何をどうのまではほとんどの方が気付いていないのが実情。

    これが奴らの常套でたまたま表でバレても国民の目線が大丈夫と甘いと奴ら独特のおごりで、まあ大丈夫だろうと思い込んでいるのです。

    又次の選挙までに何か有権者に得になる内容でもぶら下げれば、何とかなると、国民市民のことを、そもそも人間などとは毛頭思ってもいないのです。
    票の頭数ぐらいにしか思っていないのです。
    実に失礼なとんでもない連中なのです。

    大阪駅前に当時とすればきれいなビルが4棟建設された。
    もう30年以上前だ。大手ゼネコン数社がそれぞれを割り振り分担で関わって喧嘩なしの4棟をそれぞれで分けてゼネコンの企業ごとで建てた。
    その中の一つの棟に或る下請けの土木業者が存在して工事をやった。

    或る日、国会で或る内容で質問をかけた議員が居てた。
    それが当時の大阪の、頭が左向きの党の一人の国会議員であった。
    この大阪駅前ビルの工事についてゼネコン間で談合が行われていると、政府に質問をした。

    質問があってすぐに後日大手ゼネコン業者の下請けの土木業者(知り合いだった)がその国会議員の大阪にある事務所を訪れる羽目になった。
    駅前ビルから近いところにあった事務所。
    土木業者は100万円の封付き束を封筒に入れてその事務所を訪れて直接議員にこの件を何とか流してほしいという思惑でそれをもって事務所に入った。議員と秘書が存在して、渡されたその封筒の中身をちらっと見て、
    【わしをなめてんのか!ふざけるな!】って議員が叫び業者を怒鳴りつけた。業者はその時心の中で【はい、なめてます】と思ったそうだが一応その事務所を出て翌日再度その事務所を訪れた。
    また同じように封筒を渡すと、
    【よっしゃわかった!】と言われて、早々にその事務所を出た。事務所で議員に渡した封筒には、昨日の5倍の今度は500万円の札束が入っていた。
    この土木業者は、この事務所を出てから帰りに実は私と会った。
    その時の相手、つまり事務所であった議員と秘書と会った時の状況についていきさつをこの男が詳しく喋りだした。

    【だいたいこんな感じだった!」って。
    【ふつう、議員はいつもこんな感じだよ!って】

    裏から隠れた金が周りの議員に渡っているのに、
    【誰もが裏でもらってるのに俺にはなぜ出さないのか、なめてんのか!】って多分ひがむんだろうなあって。

    この業者の男にも私は【お前さんも何で金を渡すんだよ!もうやめろよな!】って一応怒っておいたが、
    【これは普通はよからぬ組織がこういうことで脅してくるが、普通はそんな連中がやってくるが、こういった議員から直接こういうのは、これは今回が初めてだったよ、特に金額を二度入れ替えて持って行ったのは初めて】って言っていた。

    その渡された500万円はつまりは工賃と同じ扱いになり結果渡された金の原資は税金と同等の意味を持つ国民のお金なのだ。

    こういう業者、それを脅して金をせしめる悪辣な議員、この構図がもう腐った状況で大阪には当たり前のように出来ていて、それが代々議員の家系、または同じ党で秘書つながりで引き継がれ、税金の中から食いつぶす手立てに非常に長けており、これら連中が代々議員を引き継ぎそれと一緒にこの悪辣な利権?も、一緒につないでいくのだ。
    大阪もここまでよくぞ腐り果ててきたなあと。

    それは地域の町会連合会振興会の腐った、金くれ、金欲しい、この役員らがおこぼれをもらい、この卑劣で馬鹿な欲ボケ老人らがこのおこぼれだけのために人間のことなど意識のない腐ったこれまたとんでもない輩のような議員を選挙運動で担いできたのが大阪なのだ。
    そら大阪の財政は腐るはずだ。

    これには面白い後日談がある。

    土木業者と会ったその翌日の朝に、直接その議員の事務所にどなりつけて
    【恥ずかしくないのか!恥を知れ!、潔く身を引け!議員など今日にもやめてしまえ!国民にわびろ!辞職しろ!】と告げたら、
    本人は土木業者との件をかたくなに否定をしたが、結果それから何か月後での総選挙の選挙には立候補せずに、自らで記者会見までして辞退した。だがその記者会見場でその脅し取った金銭の件は一切喋らなかった。

    私のことだ、ほっとけないので、早速むろん警察本部にも通報した。

    議員に立候補しなかったことが警察との間で事件と相殺されたとしか思えない事件事案になったようだ。
    警察と取引になったと思えるが。
    この党の収入源は皆さんもよく知っているあそこだけの【”あれ”】だと言っているが、見えるところでは国会で談合が云々と追及の姿を見せておいて、陰では国民に見えないところでこんなことでも【収入源】?にしていたとは。

    もう議員のやることではない事案。
    そこらへんのチンピラ以上。

    みなさんおはようございます。
    こんなんありました~~~。

    気を引き締めての眠気覚ましにいかが?

  8. 仲井 より:

    続けての投稿お許しを、
    大阪市と大阪府で競うように建てた無謀すぎる数千億円もの税金を使って建てたあの250メーター以上の二つの大きなビル。

    大阪の今迄の議員が、あれをもって、あれはバブル時の政策の失敗だという。
    私は大阪でこれまで作ってきた大きな箱もの等の事業予算、この莫大な税金が投入されてつくった合わせて1兆円にも上るほどの失敗作だが、これらの件でよく言われている内容のもっとその中に私はもうちょっと中に入って思うことがある。

    前記の土木業者云々の件でよくわかる通り、議員連中がこの事業に絡み予算からのキックバックがものすごい額になるんだが、そもそも大阪市が作れば大阪府が、大阪府が作れば大阪市がと、なぜ競うように議員らがこういう状況でこんなばかげたものをつくっていったのかが少し見えてくる気がしませんか?

    つまり大阪府が数千億円の税金を使って箱モノを作ると、
    府会議員、国会議員、これらが重要な位置を占めてキックバックもこちらが重点的に見返りがある。

    これを見た大阪市の議員らは、
    府の議員はあれだけ大きな予算が動いてそこからキックバックがあるのに、俺たち大阪の議員もこれをやらないと、しかもあれぐらい大きな事業をやらないと、あのような府議会議員らが受け取れるキックバックと同じような額のキックバックが、俺たちには回ってこないと、自分らにはそれを受け取れない、得られない、これはおかしい、俺たちも受け取れる事業をやるべきだと。

    だから同じぐらいの金額の事業をやろうと、つまりはその箱モノがどういう内容で国民市民にプラスの効果があるかどうかなどはそもそも奴らはそんなことなどほとんど考えずに、自分らが一方の管轄の議員とキックバックされる金額が同じように、大阪の議員なのに市と府とちがうだけで、それはかなわん、これは困ると。
    府議会議員だって大阪市議会議員も同じ議員なのに、府だけいい目させておくのはだめだ。
    市議会議員にもそれくれよと。

    片方だけ莫大なキックバックが来るのはおかしいと、差がつくそれはおかしいだろうがと、俺たちもキックバックをくれることをやらないとと。
    それがおそらくこの大きなビルを大阪市と大阪府で二つ作った最大の原因だと思っている。

    あの二つの大きなビルを作った最大の目的は、
    市と府のそれぞれの議員が自分らが受け取れる工事予算から舞い降りてくるキックバックのこの金の取り分が片方だけでは我慢がならぬ。

    それで二つ同じようなものを作って市の議員も、府の議員も、両方の議員が市議会議員と府議会議員で差が出ないように、同じ割合で均等にキックバックが可能なようにするために二つも作ったと私はそう思っている。
    これが最大の目的で市議会議員が受け取れば俺たちも受け取るというこの内容がここまでの大阪に無駄な箱モノを次々作ってきた最大の原因だと思っている。
    如何に大阪が腐りはて、国民市民府民のことなど奴ら何にも考えずに税金から不当に陰で闇の中でキックバックされる金額がいくらになるかだけが最大の目的になっていたと思える。

    だから、今まで橋下さんが就任するまで教育資金の予算がわずか67億円というとんでもない少額の予算しか計上されなかったのだ。

    この教育予算からのキックバックは市議会議員も府議会議員もまず期待ができない。
    この教育予算というのは結構市民府民に見えてしまうので、この不正にキックバックは受け取れない内容の予算。
    だからここにはほぼ予算の計上を一切議員は要求などしなかったのだ。旨みが得られないのだ。

    キックバックをしても国民市民にバレ難いもの、箱もの予算というのはこのキックバックに一番適した事業予算で、しかもその予算の規模は非常に大きく少しぐらいピンハネしてもバレ難いという代物。

    日本国民の皆様、大阪をこの都構想という革命的内容でこれらがはびこっているこの不正不法行為の形、今まで平気でやってきていたこの不法連中らが陰で受け取ってきた闇の額、このキックバックシステムが一切できないシステムを作ろう。

  9. 仲井 より:

    今夜の難波での橋下さんの街頭演説。
    胸が熱くなった。
    ここまで過去30年近く仕事の合間を縫っては、調査内容が、内容が内容だけに危険が身に及ぶためひたすら仲間を作らずに、わざと単独での行動に勤め独自での個人的活動として一市民の立場ではあるが、独自に自らで直接つかめた不正不法案件について、相手がどこであろうが数百回に上る直接庁舎にも乗り込んで抗議、追求してきたこれまでを思い出した。

    私が叫びたかったことの内容の、集約部分を今夜橋下さんが一般大衆のあの大勢の市民の前で直接ぶつけて語ってくださった。

    まさに私がやってきたことのその目的の根幹部分を市民に直接訴えてくださった。
    あれを見させていただき聞かせていただき、
    【ああ、私がやってきたことは価値のあるものだったと、価値があったんだとそう思えて非常に感慨深かった。

    まさに私も言おうとしたこと、ここまで長年してきたこと、その、そのものをあれだけの多くの大衆の前で訴えてくださり、しかもその目の前の大衆からあれだけのものすごい応援の声が聞こえた。
    非常に感動した。

    ここまでやってきたがもうもう大丈夫だと。

    今までいろいろな内容を回りに伝えても
    【ひどいよなあ】とは誰もが私に言ってきたが、口では確かに傍で私には言ってくれたが、でも不法内容案件のその直接の担当の関係者は何もしないし答えないし、嘘しか言わないし、何も動かないし、ここまで何のすべも出来なかった。
    出来たのは東京警視庁関連、全国警察関連、防衛機密漏えい防止手段の提供、この日本国家から国家機密が漏れる流れの中身、これが外部に漏れるのを防止させる案関連だけであった。

    こと役所と議員関連は自分で内容をつかも強制捜査の権限が持てないためになかなか証拠が掴みにくく、直接乗り込んで追求しようが我々市民にはそれを叩き潰すには本当に限界があった。
    不正談合で脅迫し、土木業者から金を脅し取った大阪の左巻き党の一人の国会議員の、逮捕と見返りに自らで決断して立候補を止めることを自らで決めることに導いたこと、結果自分の口から記者会見までして立候補を取りやめることが出来たことぐらいか。
    でも、これが精いっぱい。
    逮捕には持っていけなかった。

    今夜、あの難波で、地位ある我々の市長が、あれだけの力強く語ってくださったので、そろそろもう若い人に任せられる時代に来たのかなあと。
    もう安心だと。
    とんでもない【悪】が、これだけすました顔して国民を騙しまくってわんさかいてる中で、その中で、こんな人が大阪にはいてるんだからと。
    もう我々も現場の活動の現役を離れても、こんな立派な人が出てきてくださったので、そろそろこういう不正不法、納得いかない内容の解決は、こんなすごい人が出てきてくださったので、そろそろこういう凄い若い人につなげて任していきたい。

    市の庁舎、府の庁舎、区役所、教育委員会、議員への抗議、警察との間での摘発要請、追及という部分では、あらゆることに関わってきたが、でもまだほとんどが変わらずに残されたままだ。
    でもこういう人がようやくこの大阪に出てきてくださった。
    同じ問題意識を持たれている人が出てくれば、そしてそれを政治的に発言ができる人が現れるまでと思っていたが、今日それが本当に身に染みて伝わってきた。
    そういう人が出てきたらわれわれ老人はそこで身を引こうと思っていた。
    大阪の市や府の税から好き勝手にむしゃぶりついて当たり前のように降りてくる金を欲にまみれて食いついている議員連中、それを担ぐことで不当権益にぶら下がる地域の腐りきったボケ老人の連中よ!、
    あんたらもう身を引けよ!って。
    そろそろ日本の若者に税を配分してあげなよ!
    もういいじゃあねーかよ!
    これ以上調子に乗るなよ!って。

    ここまで不当にいい目をしてきたんだからこれ以上欲をかくなって。
    ただでさえ不法まがいに降りてくる税金をあぶくのように受けていたんだから、いつまでも続くなど考えずに、自分のものを一般の何も恵まれずただまじめに働いて子供さんを育てている若者ご夫婦に法に基づいた補助金という部分で譲ってやれよ!。

    税金は本来そういう人らが分厚く配分されるべきだ。
    もうお前ら年も年なんだからあきらめて大人しく若者が抱える孫の面倒でも見てやれよ!
    欲を持つのもいい加減にしろ!

    今日の橋下さん、松井さんの難波、夕方から遅くまでのあの語り合いの最後のツイキャスも見させてもらって胸が熱くなった。
    日本にも、ようやくこんな人が出てきてくれた。
    もうおいぼれの俺たちが身を引いても大丈夫だと思った。

    ここまでの期間本当に本当に我々の世代をはじめ若者も含め国民のために、このものすごい労力の活動の経緯、本当に感謝しかない。

    街頭での折に橋下さんも松井さんも、活動されている方らも、演説を聞いている我々に、
    【ありがとうございます】と言われているが、
    でも本当はこれは違う。
    橋下さん、松井さんには、我々こそがお礼を言わないといけない。

    都構想の協定書作成にかかわった多くの皆さん、活動をされてきた維新の関係の多くの方ら皆さん!、
    本当にここまでありがとうございます。

    明日が最終決戦の本当に最後の決戦日です。
    逃げず、曲げず、ひたすら男らしく正々堂々と内容で突きつけてここまで真っ正直に真正面から闘ってきた皆さんのことを、本当に誇りに思います。

    明日が生まれ変われる私の二度目の生誕の誕生日になることでしょう。

トップへ戻る