12/6橋下市長ツイッター2「国民の教育レベルを上げることで国を強くする。これが維新ノミクスだ。」

記事をシェアして頂けると嬉しいです

(橋下市長ツイッターより引用)
全国回っても、消費税が3%アップし年金はマクロ経済スライドで実質目減りをする中、国会議員の給料が月額25万円アップしていることを知らない人ばかり。そのことを話すと、皆、エッ!と驚く。自民が勝てば、2017年4月からは消費税は10%になる。

先日の報道ステーションの党首討論で、国会議員の給料カットを提案したら、自民党安倍さんと、公明党山口さんは給料カットは否定された。ということは、消費税の増税、年金目減りとなる中、国会銀の給料だけは月額25万円アップしたままとなる。

今回全国では自民党の国会議員だらけになるだろう。しかし、彼らは自分の給料を月額25万円上げたことは一言も口にしない。そりゃそうだ。そんなこと国民に言えるわけがない。維新の党は、全国で80名しか立候補者を出していないので政権担当能力はない。

維新の党に、国会の、永田町の非常識を暴露する役割を担わして欲しい。国会でワーワー騒ぐ存在も必要だ。国会議員は給与のほかに文書通信交通滞在費という経費をもらっている。ただし、領収書一枚も添付しない。これはおかしいでしょ!と思い、維新の党では領収書の添付をルール化した。

年間1200万の経費について領収書の添付を他党に働きかけても、他党は知らん顔。ところが、テレビの党首討論でそのことを問題視すると、他党は「協議をしましょう」となった。結局、国民の監視があれば国会議員は襟を正さざるを得なくなる。国民が監視するには、そのことを知らせる存在が必要だ。

自民党、公明党、民主党というこれまでの政治の慣行にどっぷりとつかった政党では、自らが不利になることをあえて国民に知らせることはないだろう。その結果、国民だけが負担を押し付けられ、国会議員の懐が温まる日本となる。維新の党のメンバーは80名ばかり。国民への告げ口役を担わせて欲しい。(続く・・・)

報道ステーションの党首討論動画
12/3【衆院選】維新の党・橋下代表出演 「最後の党首討論」 議員歳費削減提案に党首オロオロ・・・

(続き)
維新のミクスと名付けたのは、安倍ノミクスと対比してもらうため。維新のミクスは、徹底した競争政策と、低中所得者層の家計を温めることを当時にやろうという方向性。加えて既得権打破のために税金は既得権団体ではなく国民に直接流す思想。また国を強くするには、教育を柱にするという哲学。

自民党安倍ノミクスと民主党への人への投資は、対立構造にはならない。同時にやれば良いだけ。そして、人への投資は言うのは簡単だが一番の問題点は財源をどうするか。財源を示さず、人への投資だけを言う民主党は無責任極まりない。維新のミクスは必ず財源を示す。

大胆な金融緩和は円安株高を導いた。大企業の社員給料は上がり始め、株を持っている人は裕福になった。ここから日本全体の景気を回復させるという方向性は全否定しない。ただ低金利政策は、国民の資産利回り分を犠牲にすることにもなる。低中所得者の家計をダイレクトに温める方策が必要だ。

阿倍ノミクスのトリクルダウンの理論では、時間を追って、国民全体の家計が温まるという。今回消費税増税の延期に伴い、低所得者対策も見送られた。しかし安倍ノミクスを進めながら、低中所得者の家計を温める方策を同時に進めることは可能だ。もちろん財源が必要だが。

維新ノミクスは、公務員給料の適正化で財源を生み出す。これを言っているのは維新の党だけだ。公務員の給与を何でもかんでもカットしろと言っているのではない。国民の平均給与、地域住民の平均給与水準に合わせるべきだというのが維新の党の主張。年25兆円の公務員人件費の20%は抑制できる。

額にして5兆円。この5兆円を医療教育福祉にぶち込んで低中所得者層の家計を直接温める方策に使えば良い。そして税の流し方としては既得権団体に流すのではなく、できる限り国民に直接流す。バウチャーというクーポンによって。教育バウチャー、保育バウチャー、介護バウチャー・・・・

維新ノミクスは徹底した競争政策で日本の競争力を高める。と同時に公務員給与の適正化で生み出したお金を医療福祉教育にぶち込む。ぶち込み方は旧来のやり方のような既得権益層への補助金を打つやり方はしない。国民に対してバウチャーで直接流す。そのことによって国民の家計が温まる。

特に教育の領域にお金をぶち込む。大学まで完全無償の国。社会人になってもいつでも学び直せ、自分の労力をアップできる国。国力の根本は国民の力。軍事力だけで国は強くならない。国民の教育レベルを上げることで国を強くする。これが維新ノミクスだ。
(引用終わり)

(参考)
国,公務員の平均人件費(国民平均年収)
日本       724万円(412万円)
アメリカ      357万円(325万円)
イギリス      275万円(240万円)
フランス      198万円(180万円)
ドイツ       194万円(205万円)
カナダ       238万円 (252万円)
イタリア      217万円(200万円)
オーストラリア  360万円(500万円)
詳しくは、「これ、な~んだ?「米357 英275 仏198 独194 加238 伊217 豪360 日724」

橋下さんが「維新のミクス」を詳しく説明している
12/5 維新の党・橋下代表生出演「プライムニュース・維新ノミクスを語る」

同じく、街頭演説
12/6街頭演説 大阪吹田市・阪急南千里駅前

関連
12/8橋下市長ツイッター「もっと教育費に税を投入しなければならない。教育大国日本を目指すべきだ。」
【ついに来た!演説の橋下、ここにあり!】大阪市北区 維新の党・吉村 洋文・個人演説会
12/6橋下市長ツイッター「テレビでの公開討論は一斉自粛。いったいテレビって何のためにあるんだ?」

 

「維新」「借金減らし増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
・特別養護老人ホームの整備促進・入居枠大幅拡大
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

コメント

  1. 根保孝栄・石塚邦男 より:

    [絵文字:v-12]
    がんばって告げ口しようぜ。
    橋下維新ノミックスの歯切れのよさにほれぼれしましたね。

トップへ戻る